人気ブログランキング |
そういえば、夏の間にリサーチに出かけた横浜市青葉台周辺。
ささっと立ち寄った田奈駅もかなり気に入った。

駅前がもう一面田んぼ。ここは横浜なのかと思うくらい見渡す限り立派な田んぼ。
隣の青葉台駅には無印もスタバも東急フードショーもあるのに!

田奈駅近くにあったプレハブ小屋のようなとれたて野菜売り場で
バジルと満願寺唐辛子を買った。

***どこへ行こうか どこで暮そうか 5_e0148304_23405474.jpg

















新鮮だし安かったなー


***どこへ行こうか どこで暮そうか 5_e0148304_23405705.jpg

















バジルソースと満願寺唐辛子は出汁浸しになりました

完全な田舎暮らしじゃない。住まい周辺はどっぷり田舎風、
電車や自転車で少し移動すればそこそこ便利。
そんなバランスもいいかもね、田奈駅と青葉台駅の並びを見て思う。

しばらく通っている空手道場が三軒茶屋にあるのでそこでまだ学びたいしな,,,
そうすると田園都市線は、すごくいい。

猫に空手。
猫、空手,,,身軽に自由に!と思いながらまた縛りが。



# by kokoswan | 2019-10-16 12:44 | どこへ行こうか どこで暮らそうか 猫は?
この夏の間中、引越し先を探してました。

日課のようにネットを見ていて薄々気がついたけれど、真夏は物件に動きがない。
そりゃそうだ。
一度だけ八月の引越し経験があるけれど、自分も引越し屋さんもみんなが大変、
暑すぎて。

「9月になると異動の時期ですからまた動きも出てくるかとおもいます!」
とここしばらくお世話になっている、お若くてピチピチ、熱心に頑張ってくれる
不動産屋のKさんもおっしゃるので、いよいよか!と9月を迎えたところです。

とその前に、こないだうち内見に行っていた横浜市青葉区エリアについて。
かなり気に入ったのがこどもの国線。

動き出した電車から見え始めた風景に胸が高鳴った。
実家のある青森で、いつか見たような,,,,畑、緑、のどか〜

***どこへ行こうか どこで暮そうか 4_e0148304_22490003.jpg

















田園都市線 長津田駅でこどもの国線に乗り換え、二駅目でもう
終点のこどもの国駅。乗車時間わずか6分。
駅前がこれ。緑深し、とっても静か、セミの声が響き渡るばかり

界隈で数件内見したけれど、少しづつ惜しい感じ。
引き続き探そう。
***どこへ行こうか どこで暮そうか 4_e0148304_23213686.jpg

















希望は1LDKか2LDKのペット可物件。バストイレ別、窓からの
眺望に抜けがあってできれば緑が見えるか一階物件なら庭あり。
小さい戸建てや庭付きのテラスハウスもいいな,,

内見が止まっている間にふと思ったこと。
気に入ったこどもの国駅周辺、”こどもの国”と言うだけあってファミリー層が多そう。
ま、多いでしょう!

......昔むかし、別居したての頃。街やスーパーで仲睦まじげな夫婦や家族連れを
見るのが辛かった時期があった。並んだレジの先でお会計中のご夫婦が交わす
たわいない会話を聞いただけで、その場でしゃがみこんで泣いてしまいたい気分に
なったこともあった。
「なんでもないことが幸せだったと思う」って本当にそう。

わざわざひとり暮らしするとしたらどんなものだろうか?
スーパーや地元のお祭りとか、溢るるファミリー感に寂しくなったりするだろうか、この街。

......久しぶりに当時を思い出して、一瞬心が揺らいだけれど大丈夫みたいだ。
今はもう同じ光景も違ったものに映る。
とらわれず、気に入る物件に巡り会えたらここでもいいし、ほかでもいい。






# by kokoswan | 2019-09-05 13:31 | どこへ行こうか どこで暮らそうか 猫は?
引越しを考え始めた時、頭の隅にあったのは猫のこと。

よくある問いに「犬派?猫派?」というのがあるけれど
私は長い間なんの迷いもなく「犬」と答えていた。

実家も2代にわたり犬を飼っていた。
子供の頃には祖母の家からもらってきたスピッツ系の雑種。
私が東京へ来てから家族たちが飼い始めた柴風の保護犬、
身近なのはずっと犬だった。

それが二年前のこと、古くからの友人が猫と暮らすようになり、
ある時、友人夫婦の数日の留守中に
飼い猫 ”照太郎” のお世話係を仰せつかうこととなる。

***どこへ行こうか どこで暮そうか 3_e0148304_22232682.jpg

















2017年 5月 少し子猫の面影。
預けていた動物病院へ照太郎を迎えにいき友人宅へ連れ帰る。

水やトイレ、まったくもって猫慣れしていない私はぎこちなく接する。
初めてのチャオチュールも恐る恐る。

あちらもまだ警戒してじゃれてはこないが、ふと足元を
触れるか触れないかの距離ですり抜けて行ったりする。
間合いの測り合いか。

初めてのお留守番を心配する友人に”照太郎元気です写真”もメールした。

以来、たんまり撮った照太郎の写真をことあるごとに眺めてはニヤニヤ...
進んで見ることはなかった猫動画も観るようになった。

***どこへ行こうか どこで暮そうか 3_e0148304_13490028.jpg

















2019年3月 だいぶ大きくなった照太郎
アザラシっこ。


ふと、ペット可賃貸物件ってどんなものだろうかと、
まずは近場で数件内見してみたのが5月のこと。
***どこへ行こうか どこで暮そうか 3_e0148304_21363438.jpg























世田谷区内の2DK(33㎡)ここはとにかくレア物件だった。
住人が猫を飼うことになったら、先ずは動物病院で健康診断を受けさせ、
去勢、避妊が必要な場合も全てオーナーさんが負担してくださるそう


***どこへ行こうか どこで暮そうか 3_e0148304_21364710.jpg























壁紙を変えたい、塗りたい、棚を取り付けたいなどの希望も入居時にリクエストできる。
入居者同士も緩〜く繋がり、いざという時に連絡を取れるようになっているとか。
内見時にお隣さんの部屋もお邪魔して見せてもらったり色々がレア

最寄駅から遠いこともあって、世田谷区内のペット可物件としては
家賃も控えめ、周辺環境もよく、好きなように手を加えられる。
自宅を仕事場とすることや猫と暮らすことをイメージするともう少し広さが欲しい。
魅力的でかなり揺れたけれど、見送り。

それにしても猫のことは知らなすぎるし
子供の頃以来動物と暮らしたこともない、大丈夫か?
このままペット可物件で進むかどうか引き続き手探りの巻。













# by kokoswan | 2019-08-21 13:52 | どこへ行こうか どこで暮らそうか 猫は?
27年前に青森から上京して
初めてひとり暮らしをしたのが練馬区の下赤塚という街。

都会を夢見た田舎者の私にとって、
スタートで「東京23区内に住む」ということは憧れであり目標でもあった。
どんだけ〜

26歳でイラストレーターとして一応の独立をした時、
仕事道具のひとつとして持つことになる「名刺」に
23区が刻まれることは素直に嬉しかった。
たとえ練馬区でも!(練馬区民の方申し訳ありません)

***どこへ行こうか どこで暮そうか 2_e0148304_17523440.jpg


















バブル崩壊からまだ浅い1991年。21歳。
練馬区下赤塚の木造アパート、せいぜい13平米が6万円は高いな

メールで大方のやりとりが事足り、ホームページやSNSが
ポートフォリオ(自分の作品ファイル)となりうる今とは違い、
仕事を獲得するため、出版社へ営業に出向けば名刺を交換し
打ち合わせに出向いても名刺を交換...
先方が作品よりも先に目に触れる名刺、これを以って
田舎者コンプレックスや自信のなさをそっとぬぐい去りたい,,
無自覚にそんな気持ちであったかと思う。

この仕事をしているうちは「23区内でしょ!」という謎の信条というかもはや呪縛。
「それがなんだ?」
「この家賃を払い続けてまでここにい続ける意味ってなんだ?」
「これまで家賃に多く充ててきた分を他の充実に充てたい、
なんだったらば緑の多い場所で、庭か畑、動物と暮らすなど!」
2018年、それは急にやってきた。

そういった訳で、次の住処は広い範囲で考えることにしたら迷走が始まった。
青森Uターンではないことも、地方移住でもないというのはわかる。
東京、神奈川、埼玉を範囲にするとしても...広いな〜
23区信仰が長すぎて考えたことなかったしな。

今よりもう少し静かな場所で緑が豊かな場所,,,,

***どこへ行こうか どこで暮そうか 2_e0148304_18191420.jpg

















月一で骨董市も開かれる高幡不動は好きで何度か訪れている
<東京都・日野市>

***どこへ行こうか どこで暮そうか 2_e0148304_18191720.jpg


















駅から高幡不動尊へ向かう参道沿いの天丼屋でお昼ご飯を食べるのが毎回。
B級な雰囲気、安くてボリュームがあって食堂の天丼といった感じ。
おいしい。

高尾、青梅、国立、逗子、小田原、相模湖、高幡不動,,,どこへ行こうかー。


# by kokoswan | 2019-08-06 15:22 | どこへ行こうか どこで暮らそうか 猫は?
現在、東京・世田谷住まい。
世田谷線沿線のわりかし落ち着いた静かな街にひとり暮らし。

東日本大震災のあった2011年から、何度引越しをしただろうか。
結婚生活をもう一度立て直すための引越しに始まり、
結婚生活を継続すべきか内観するための別居。
ここから先は割愛しますが、5年前に越してきたこの世田谷の家は
終の住処にしたいほど家も環境も気に入っている。賃貸だけども。

上京してから今に至るまで、引越しが多い方かもしれない。
結果、引越しにまつわるあれこれには相当詳しくなった。
家賃の相場感、物件探し、荷造りから各種手配、どこの引越し業者が良いか,,,
もうなんでも聞いてちょうだいという感じ。
それはおいおいまた!

今年秋で49歳になる。

昨年あたりから芽生え始めた
50歳を前に生活の拠点を変えたいという気持ち。

ふと、このままこの先もここにいるのかなぁと思い始めた。
なんのためにこの場所にこだわるのか?

これまでの引越しは
「手狭になって」とか
「結婚生活にあたり」とか理由ありきだった気がする。
今回だけ今までとちょっと違う。

無くなったら困ると思っていたものが、無くなってもそう困らないことがわかった。
お金を出してでもキープしたいことが、もう必要じゃなくなった。
価値観が変わったのだな〜
こんな心境の変化が訪れる日が来るなんてな〜
おもしろいな

***どこへ行こうか どこで暮らそうか 1_e0148304_15063681.jpg


















昨年、都内から小田原にプチ移住した友人宅を4月に訪ねた時。
友人宅の裏山を少し進むともうこんな風景
<神奈川県・小田原市>

***どこへ行こうか どこで暮らそうか 1_e0148304_15150645.jpg

























なにせひとり身なので、いくらでも根無し草のように生きられる。
というかすぐにそうなりうる。
それがいいとも思っていない。

備忘録的に、この過程をブログに書いて行こうという気持ちになった。




# by kokoswan | 2019-08-01 15:29 | どこへ行こうか どこで暮らそうか 猫は?
本年からイラストレーターのポートフォリオサイト
『ASTERISK Discovery』(アスタリスクディスカバリー)に参加しております。
本日作品を公開いたしました。


***お仕事の窓口が増えました『ASTERISK Discovery』_e0148304_18424309.png












こちら私のページのアイコンです

『ASTERISK』というイラストレーターのマネージメント会社が運営する
『ASTERISK Discovery』は、マネージメントを介さず、
ダイレクトなやりとりでイラストレーションの制作を発注および受注できる
検索サイトになります。
こちらではホームページに掲載していないイラストも掲載していたきたいと思っております。

お仕事のご依頼やご相談はホームページとASTERISK Discoveryの
どちらからでも承っております。
よろしくお願いいたします^^
***お仕事の窓口が増えました『ASTERISK Discovery』_e0148304_19280766.png


〜イラストレーター柿崎こうこの情報源一覧〜
*公式ホームページ Beauty 7
お仕事のご依頼、お問い合わせはContactページからご連絡をお願い致します

イラストレーターポートフォリオサイト

*ブログ 柿崎こうこの別冊ビューティーセブン
日々の日記、ご挨拶、お知らせなど雑記

*Instagram(kakizaki_koko_illustration)
イラストレーターバージョン / イラストレーションのみの投稿

*Instagram(kakizaki_koko)
趣味バージョン / 金継ぎや器、骨董、アンティークなど好きな世界観を投稿

*Facebook
拡散できたらうれしいお知らせ、情報などはFacebookを利用することもあります






# by kokoswan | 2019-04-24 20:42 | 仕事news&inside story
出演させていただいたサイトのコンテンツが、先日公開されました。

***北欧暮らしの道具店_e0148304_21303221.jpg












『北欧、暮らしの道具店』というサイト、
特に女性はご存知の方も多いかなと思いますが
私も好きでいつもみていたサイトです。

「ちいさいモノ選び」をテーマに、私のモノ選びの視点や生活の様々も
丁寧に取材してくださいました。

取材のみなさんの情熱仕事風景。
***北欧暮らしの道具店_e0148304_21441186.jpg





















基本ひとりで仕事してるので、チームワークな光景にジーンとするんだなー

個人的にスタッフの皆さんの暮らしぶりや仕事の裏側も見える
『ミニコラム』のページも興味深くて好きです。

『BRAND NOTE 』
「キリンのやわらか天然水」「yosa-soda」編、ご覧いただけたら嬉しいです。





# by kokoswan | 2019-03-31 21:37 | 仕事news&inside story
寒中お見舞い申し上げます

風邪とインフルエンザの対策に毎日ティーツリーオイルが欠かせません。
ディフューザーでたいたりマスクの端っこに垂らしたり
どんどん使って今のところ元気です!
みなさまご自愛ください( ´∀`)

***寒中お見舞い申し上げます_e0148304_18174262.jpg






















星あつめ / collecting stars

日々色々、どんよりな気持ちになることもありますけれど
そういう時は「顔を上げて口角を上げて」,,,とします。
結構効き目あり。

明日は立春、新しい始まり。
顔上げて口角上げて前へ進み星を集める、のです〜







# by kokoswan | 2019-02-03 18:24 | お知らせ / ごあいさつ
2018年は公私にわたり新しい挑戦が多い一年でした。
自分だけが知っている小さな挑戦も含めて、
よくがんばりましたと足りていない部分と両方、
やってみたから知ること気がつくことができたのだなぁと。
来年は足りていないものをいっぱい吸収します。

***2018年 ありがとうございました!_e0148304_23390453.jpg





















***2018年 ありがとうございました!_e0148304_23385855.jpg





















***2018年 ありがとうございました!_e0148304_23390606.jpg





















***2018年 ありがとうございました!_e0148304_23390235.jpg





















***2018年 ありがとうございました!_e0148304_23390192.jpg

































<挑戦のひとつ『好きなことします展』の展示作品を我が家で>


人に恵まれた一年でした、ありがとうございました。
今年も後数時間...どうぞよいお年をお迎えください^^



# by kokoswan | 2018-12-31 23:45 | お知らせ / ごあいさつ

お世話になって20年以上、DHCの会員誌オリーブ倶楽部。
この連載も長く、前回号からプチリニューアルしました。


***DHCお宝ビューティを探せ!_e0148304_22573118.jpg





















***DHCお宝ビューティを探せ!_e0148304_22573354.jpg




















































































DHCは個人的にも会員歴が長くて
超リピートアイテムがいっぱいあるけれど、
特に絶対なくては困るものたちがこれ 。


***DHCお宝ビューティを探せ!_e0148304_22573573.jpg

























































●DHCアフターバスヘアエマルジョン&アフターバスヘアオイル(洗い流さないトリートメントのダブル使い)

●DHCナチュラルアロマヘアケアシャンプー&トリートメント
(精油系を巡り巡ってここに落ち着いた)

●DHC Q10プレミアムカラートリートメント
(次に美容院に行くまで繋ぎになくては困る)

●マイルドローションll(2)(結局はこれ)

●DHC薬用フェーシャルスクラブ
(大人肌に角質ケアは欠かせない)

ヘアケアもの多し。
コンスタントに買い足していて、なくなったら
日常が回らなくなるくらい本当に困る!のです〜




# by kokoswan | 2018-12-20 22:55 | 仕事news&inside story